人気ブログランキング |

アスタリスク日記

asteriskc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:建物 ( 19 ) タグの人気記事


2019年 07月 10日

未来予想図

あちこちで断られた挙句辿り着いたますいいリビングカンパニーで、
設計建築を引き受けてもらってからそろそろ10年。
低予算での厳しい設計相談でしたが、
それでも後半で模型が登場すると、かなりわくわくしました。

先日、住宅の模型を作るお仕事をされているというお客様が見えたので、
そんな時のことを思い出しました。
超ローコストだからこその工夫やチャレンジが、
たくさん話し合われた数カ月だったなぁ。

打合せ中のますいいさんのオフィスで撮った写真。
e0223371_17421955.jpg
店の中にはちゃんと本棚も。
e0223371_19091438.jpg
模型作りはとても神経を使う、細やかな作業である一方、
イメージを具体化してくれる、夢のあるお仕事だなぁと思います。
あの模型を見て夢を膨らませたり、どういうふうに家具を配置しようか考えたりする、
ある意味未来の生活の予想図的なものでもありますね。

7月17日(水)~19日(金)は臨時休業
(定休日も合わせまして7月15日から5日間夏のお休みをいただきます)

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

期待したほど晴れなかったね。
e0223371_19092681.jpg




by mimi-cafe | 2019-07-10 19:46 | 建築 | Comments(4)
2019年 05月 06日

8年間住んだ家

日高市方面に用事で出かけると、
以前住んでいた家の前をわざわざ通ることがあります。
数か月前に通った時は、お隣が空き家になっており、
すぐ近くのパン屋さんが閉店していました。

今日久しぶりに通ってみたところ……
「ない!!!」
旗竿形の土地で、目の前の狭い道から奥に見えるはずの元わがやは、
取り壊されて庭も姿を消し、更地になっていました。

古い住宅団地で、私たちが千葉から引っ越してきた時にすでに築20年以上。
2002年から2010年の8年間を過ごした家。
南側に長年空き地になっている土地があったから、
そこも合わせて二世帯でも建てるのかなぁ、などと想像していますが、
なんだか寂しいもんです。

帰宅後思わず、記録として撮っておいた写真のファイルを引っ張り出しました。

狭いエントランス。
e0223371_18402807.jpg
***
玄関。
左のステンドグラスは、現在も南側の物置に嵌めてあります。
e0223371_18394991.jpg
***
私の仕事スペース。
デスク下の木製ワゴンは、書類整理用に夫が作ってくれたもの。
e0223371_18394188.jpg
***
既成の扉に細工した左は洗面所&浴室。
右はキッチンへ。
近くにあった古道具店(現在は鳩山に移転)で購入した千本格子の引き戸は、
リメイクして現在も店で使っています(こちら☆)。
e0223371_18395539.jpg
***
キッチン。
オールドパインの作業テーブルも、テーブルの上のコーヒードリップポットも、
店で使用中。
e0223371_18400473.jpg
庭も含めて少しずつ手を加えて、心地よいように、住んでいて楽しいように、
と工夫した様々なことが懐かしいなぁ。
考えてみれば、ここ川島に来て8年半くらいですから、
すでに日高での年月を越えています。
あの中古住宅でのDIYの経験が多少なりとも現在に役立っていると思うと、
お世話になりましたという気持ちになりますね。

***

明日も定休日です。
e0223371_18401309.jpg
営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆


by mimi-cafe | 2019-05-06 19:26 | 建築 | Comments(0)
2019年 04月 18日

大聖堂ができるまで

2階のレイアウト替えをしていて、
窓の上の構造柱間に飾っていたアナログレコードなどを片付けました。
そのレコードと並んでいた絵本。
埃を払って片づけようかな、と思ったところ、
この表紙にグッとひきつけられました。
e0223371_18333285.jpg
「CATHEDRAL」David Macaulay
(翻訳版のタイトルは「カテドラルー最も美しい大聖堂のできあがるまで」)

中世フランスでゴシック建築の大聖堂が設計・建築されていく過程を
緻密なペン画で描いた美しい絵本。
e0223371_18335090.jpg
e0223371_18334592.jpg
何もかもが人力で、これだけの建築にはどれほどの年月と労力が必要だったことか。
具体的にどこの教会をモデルにしたのかはわかりませんが、
ノートルダム大聖堂を彷彿とさせます。
わがやのは原書ですので文章は英語なんですが、
絵だけでも十分に楽しめるし伝わってきます。

カバーを取り外してみたら、表紙にはバラ窓をかたどった模様が。
e0223371_18333957.jpg
今回の火災でもバラ窓は無事だったそう。
じかに見たときの美しさと迫力が忘れられず、
私にとってはノートルダム大聖堂=バラ窓というくらい印象的でした。

ところで、1973年刊のこの本。
いつ買ったのか、それともいただいたのか……夫も私も思い出せません。
ずっと本棚に収納されたままだったのを、
ここに住むようになってから「こんな本があったんだ」と引っ張り出した次第。
飾っていただけでちゃんと読んだこともなかったとは、もったいなかったです。
でも、このタイミングで心に引っかかったことは
何か意味があるようにも感じます。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

テーブルに乗っていると、目線の高さが一緒になるのね
e0223371_18335631.jpg




by mimi-cafe | 2019-04-18 19:25 | 本棚 | Comments(2)
2019年 02月 13日

建築本2冊

本棚に加わった本
e0223371_19142580.jpg
建物、特に暮らしの中の建築物には興味があるので、
この手の本にはついつい手が伸びます。
思えば、小学生のころは自分の部屋を持つことに憧れて、
「私の部屋」のテーマで下手な絵を描いていたことも。
高校の通学路にあった古いお宅を眺めるのも好きだったなぁ。
いつもピカピカに磨かれた2階の窓は、歪みガラスだったと記憶しています。

今は田んぼの中に住んでいますので、
大好きな住宅街散歩からは遠ざかってしまっていますが、
甲斐みのりさんの本(右)を参考にして都内歩きというのも
楽しそうだなぁと思っています。

どちらも本棚にありますので、ぜひ!

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

こつぶはん、そんなにじっと見てないで、
声をかけてくれればいいのに。
e0223371_19144181.jpg



by mimi-cafe | 2019-02-13 19:30 | 本棚 | Comments(0)
2018年 12月 24日

建具屋さんサンタ

超ローコスト建築であるわがやの唯一の贅沢、
北側の大きなガラス引き戸。
木製建具なのでメンテナンスも必要でして、
数年前には開閉の不具合を改善すべく、
木枠の底(レールにあたる部分)の傷みを削っていただきました。

今回はとうとうレールの側が限界に来ておりましたので、再度修理。
e0223371_19432607.jpg
e0223371_19433316.jpg
重いガラス戸を外し、土台を取り除いた状態がこちら。
芯である木材に金属を巻いた上にレールが取り付けてあったのですけれど、
雨水などで中の木材がボロボロに腐ってしまっていました。
レールも外れかかっている箇所があり、まさに満身創痍。

今回はレールの乗る土台はステンレスに、
その両側にできた隙間にはがっちりと硬い素材の木を嵌めこんで、
もちろんレールも新しくなりました。
段差も解消されて、見た目もとてもきれい。
e0223371_19434504.jpg
これから、安心して出入りできます。

今日は強い北風がぴゅーぴゅーと吹く寒い一日でした。
上の2枚の写真では、引き戸の入っていた部分にコンパネが貼ってありますが、
室内に風が吹き込まないようにとの配慮です。
その外の冷たいところで、何時間も作業された建具屋さん。
実は数年前のときもみぞれ混じりくらいの冷たい雨の日でしたので、
ここでの仕事はいつも厳しい天候で申し訳ない気持ちです。

年末でお忙しく、年明けになるかもとおっしゃっていたのですが、
年内に心配事が片付いてホッとしています。
嬉しくて、建具屋さんがサンタさんの姿と重なりました~♪

年末年始のお休みは12月30日(日)~1月4日(金)までです

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

「楽しいクリスマス・イブをお過ごしください」
e0223371_19431293.jpg


by mimi-cafe | 2018-12-24 20:19 | 建築 | Comments(0)
2018年 07月 04日

お世話になったね

大工さんをはじめとする職人さんの作業の合間に組み込まれたセルフ作業を、
必死でこなしていた2010年の暑い夏。
e0223371_18282048.jpg
大変お世話になったのが、近くにある山田うどん。
汗もかくし、服にペンキがついたりしている状態のときなどに、
よれよれでよくお昼ご飯を食べに行ったものです。

たしか2年前には30人分のお弁当を作った日に、
遅い昼食をとりにも行ったっけ。

いつもいつも疲れた体で空腹を抱えて伺っていたお店。

そんな山田うどんの屋号が変わるとのこと。
ガラッと変わるわけではなさそうですが、
わがやから田んぼの向こうに見える黄色い看板はどうなるのかな?

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

プレーヤーの上は最近のブームですが、
上に掛けてあるクロスを自分なりに整えているようです。
「今日は折りたたんでみました」
e0223371_18283504.jpg


by mimi-cafe | 2018-07-04 18:50 | 建築 | Comments(2)
2018年 01月 31日

わかっている安心感

連日の寒さで水道管の凍結がニュースになっているこの数日。
店の水道管は今のところ凍結せずに済んでいますが、
念のため配管の状態を確認しておきたいと思い、
建築中の写真を見直しておりました。
設計士さんが毎日のように作業の写真をメールで送ってくれていましたので、
それを見ると屋内のライフラインの通り道がよくわかります。
うちの場合はセルフ作業も組み込まれていたので、
間違って配線・配管のあるところを傷つけたりしないようにということもあったのかもしれません。

DIYのときに、構造を理解しているというのは安心につながります。
今となっては、このたくさんの写真ファイルは宝物だなぁ。

たしか、足場が外れたときに設計士さんが撮ってくれたもの。
星の花壇もくっきりです。
e0223371_18460883.jpg
営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***


外のネコさん
e0223371_18371253.jpg
家のねこさん
e0223371_18372136.jpg


by mimi-cafe | 2018-01-31 19:01 | 建築 | Comments(0)
2017年 11月 18日

日が短いからこそ

営業中に暗くなってしまうこの季節のひとつの楽しみは、灯りです。
e0223371_19213295.jpg
店の灯がぼーっと浮き上がるころ、寒いにもかかわらず外から眺めたい気分になります。
暗いと寒さがより身にしみるので、あたたかさをもたらす灯りであればよいなぁと思いつつ。

明日も暗くなるころまで(13時~19時)営業いたします。
今日は曇天でしたが、晴れていれば夕焼けの富士山がとてもきれい。
皆さまのお越しをのんびりとお待ち申し上げております。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆


***こつぶろぐ***

昨日の朝日にこつぶの影。
ひげまでちゃんとある。
e0223371_19210866.jpg
今日は寒かったね。
e0223371_19212643.jpg


by mimi-cafe | 2017-11-18 19:39 | 雑感 | Comments(0)
2017年 09月 19日

ご無沙汰しておりました

秋深くなる前の庭の整理、銀行・郵便局関係の用事、そして買出しに仕込み。
すべてが終わった後で、まだ明るいうちにと久々に自転車。
「寒いから」「花粉が飛んでいるから」「熱中症になるから」などと言いつつ遠ざかっていた数カ月。

よく車で通りかかる近所に「鈴木家住宅 有形文化財」という看板があったので、
前まで行ってみました。
屋根は修復中で、立派なお宅。
生活の気配があるので、中を見せていただけるのかどうかは「?」でした。

ところで、ねこ好きの皆さんは何かに気づくのでは。。。
拡大図
e0223371_18433718.jpg
こうして見ると、石の基礎(?)もすばらしいですね。

秋風に吹かれながら、とても気持ちのよいサイクリング。

たぶん少々の筋肉痛を抱えながら、
明日からまた皆さまのお越しをお待ちしております!

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

中山うりLIVE @ ASTERISKお知らせ☆

***こつぶろぐ***

朝からグダグダのこつぶはん(on the table)
e0223371_18430697.jpg
冬だけかなと思っていましたが、結局通年利用のピタパン
e0223371_18434839.jpg




by mimi-cafe | 2017-09-19 19:14 | 雑感 | Comments(0)
2017年 06月 27日

江戸東京たてもの園@小金井公園

e0223371_18353265.jpg
この古めかしい1枚の写真は、夫が小学生の時に課外授業で歩いて行った小金井公園でのもの。
園内にあった武蔵野郷土館にて。
現在の江戸東京たてもの園の前身です。

***

その江戸東京たてもの園が大好きで、
千葉に住んでいるころから何度も訪れています。
今回で何度目になるのかなぁ。
建築や暮らしまわりのことに興味があるし、好きなので、
わくわくすると同時に癒しの場所でもあります。

園内で一番新しく移築された「デ・ラランデ邸」。
The 洋館といった建物。
邸内にカフェもあります。
e0223371_18315114.jpg
「高橋是清邸」
以前は食堂や厨房も見ることができたのですが、
現在は入室できる部屋が制限されています。
古い建具など、見惚れます。
e0223371_18343258.jpg
やはり面白いのは、個人(と言っても裕福な家庭だとは思いますが)の家。
こちらは「田園調布の家」
e0223371_18335754.jpg
財閥人や政治家のお宅だと、料理人が何人も働けそうな厨房ですが、
個人のお宅はとてもコンパクトなキッチンなのがいいのです。
この向かい側の壁には作りつけの収納。
e0223371_18332957.jpg
そして、憧れでもあり大好きな「前川國男邸」
e0223371_18341836.jpg
ここのキッチンもコンパクト。
使い勝手がよさそうです。
e0223371_18323544.jpg
寝室の収納(衣類用かな)
いいなぁ。。。
e0223371_18325618.jpg
園内の東側は商店などが移築された街並みになっています。
「千と千尋の神隠し」(観てませんが)のモデルになったと言われる文具店も。
e0223371_18344517.jpg
突き当りの子宝湯はもともとは千住のほうにあったようです。
男湯側の脱衣所から(右手は番台)。
こんなに仕切り壁が低かったんだ。
ジャンプすれば、覗けちゃいそうです。
e0223371_18350556.jpg
今使われていてもよさそうな浴室内。
夫は写真撮りまくりでした。
e0223371_18351514.jpg
最後にやっと今回の最大の目的である展示室に。
e0223371_18352490.jpg
模型など見入ってしまいます。
こちらは9月10日まで。

久しぶりのたてもの園は、平日だったせいか人が少なくて、
今までで一番ゆっくりと見られたかもしれません。
小金井公園の木々の匂いも一緒に吸いこんで、
ゆったりとした時間を過ごせました。

***

明日と明後日、通常営業しまして、
30日(金)と7月1日(土)は臨時のお休みとなります。
e0223371_18354026.jpg
営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆


by mimi-cafe | 2017-06-27 19:22 | 外出 | Comments(0)