アスタリスク日記

asteriskc.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 16日

鮮烈な記憶?

20年ほど前のこと。
銀座に行くと、よく有楽町駅とマリオンの間の裏道を利用していたのですが、
そこでの出来事を思い出しています。
夫がその時の鮮明なイメージをイラストにしたのがこちら。
e0223371_10484793.jpg
e0223371_10485616.jpg
安室ちゃんとSAMさんでした。
もちろん安室世代とは程遠い私たちですが、
このときのことは脳裏に焼き付いているよね、
と話していました。

ところが、このイラストで夫の記憶と私の記憶の違いが明確に。
私の中では、このできごとは昼間の明るい時だったし、
駐車場から出てきたお二人とばったり出会ったイメージ。
夫は夕闇迫る時間帯で、ある程度遠くから背の高い二つの人影が見えていて、
近づいて初めて「あっ」と思ったという記憶。
同じ経験なのに共通するのは、
周りには誰もいなかったことと安室さんが恥ずかしそうに微笑んだということだけ。
人の記憶というものはなんと頼りないことよ……

「鮮烈な記憶」とか「鮮明なイメージ」とか「脳裏に焼き付いている」とか書きましたが、
そもそも記憶や思い出はそういうものかもしれません。
自分の中で脚色されたりそぎ落とされたりしている……
それなら、悪い思い出にはこだわらないに限るなと思いました。

明日と明後日は定休日です。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

夫との椅子取りゲームが大ブーム。
これは奪い取った後のご満悦。
e0223371_10490287.jpg


[PR]

by mimi-cafe | 2018-09-16 20:22 | イラスト | Comments(2)
Commented by たーけっしゃん at 2018-09-17 18:39 x
キャンディー・ダルファー、こつぶ姫、SAM、安室ちゃんといい、大したものですね。感心してしまいます。

庭師、絵描き、料理人、、、
“器用貧乏“って言葉がありますが、そこば大丈夫ですよね。


こつぶ姫、どや顔ですね。
でもご主人が描いたのよりは人(猫)相がいいです(^^)v
Commented by mimi-cafe at 2018-09-18 18:26
義務感からやっていることもあるでしょうし、本人はあれこれ手を出して飽きっぽいと言っています。

楽器と絵だけが飽きずに続いているものなのだとか。



<< 先週に引き続き      元気でまた1年♪ >>