アスタリスク日記

asteriskc.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 26日

夏の旅

旅のお供は音楽と本。
というわけで、今回はこのCDをわざわざアマゾンで購入してまで信州小旅に持っていきました。
e0223371_2292992.jpg松岡直也「夏の旅」

①にも書きましたように、30年ほど前(結婚前のことですので、夫談)、夫は仕事の関係で松本にアパートを借りて数カ月滞在していました。
松本パルコのオープン前後に立ち会うためだったのですが、そのパルコのオープン期間中開店時の音楽として、この松岡直也の「夏の旅」というアルバムが繰り返し店内でかかっていたそうです。
そんな思い出もありまして、久々の松本にはどうしてもこのCDを聴きながら行きたかったとのこと。

その思い出を共有していない私は、最初うちでこのCDを聴いたときには軽いフュージョンといった感じでピンとこなかったのですが、夏の青空のもと高速を走りながら聴くとなんだかわくわくと楽しい気持ちになってきました。

e0223371_22225391.jpgジャケットをケースから外して広げてみると、こんな感じ。
遠くの山並みと入道雲、砂煙を上げて走り去るバス、停留所には日傘をさした和服の女性。
この女性はバスに乗り遅れてしまったのかな、と思ったのですが、中のエッセイを読むとバスから降りた乗客だということでちょっとホッとしたり・・・

まだLPレコードだった時代は表と裏がストーリーとしてつながっているようなジャケットが結構ありました。
アナログレコードのジャケットは立派なアートだったんですねぇ。
こういう想像力をかきたてるようなジャケットはほかにもありますので、
折りを見てご紹介できればなぁと思っています☆

e0223371_22331226.jpgおまけ。。。
サラダを作っていた夫が、トマトの顔が面白いから写真を撮ってくれというのでパチリ。
右はヒヨコで、左はムンクの叫びだそうです(苦笑)
[PR]

by mimi-cafe | 2013-07-26 22:37 | 音楽 | Comments(0)


<< ひっそりと変わってます      信州小旅④その他諸々 >>