アスタリスク日記

asteriskc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:好きな音楽 ( 40 ) タグの人気記事


2018年 02月 09日

Power Song♪

「気持ちよく晴れた休日にドライブ」とか
「窓を開けて掃除するぞ」、または
「気分を盛り上げてこれからがんばらないと!」など……
とにかく元気になる1枚と言えば、こちら↓
e0223371_18335925.jpg
Average White Band 「Shine」

かつてバンドでコピーしていた「Whatcha' gonna do for me」なども含めて
全体を通して元気になれるのですが、
中でも特に気分がupするのは「Let's go round again」。
先日も地方のおいしいものを紹介するようなロケ番組で、
スカッと晴れた青空をバックにこの曲がかかっていましたから、
同じように感じる人がいるのだ、と嬉しくなりました。

今朝、ラジオで「あなたのパワーソングは何ですか?」と問いかけていたときに、
夫も私も同時にこのアルバムを思い浮かべたほど。
理屈や励ましは不要、ハッピーで元気になりたい! という方、
古いアルバムですが、是非♪

ただし、すごく落ち込んでいる時には不向きかも(笑)。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

高いところへジャンプ! は元気の証拠だね。
e0223371_18340790.jpg
それにしても、こんな高くて細いところで、
よく落ち着いて座っていられるものです。

[PR]

by mimi-cafe | 2018-02-09 18:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年 02月 01日

「夫のお買いもの」のルーツ

2年前の真夏に新大久保の中古楽器店で買った夫のギター、Timberline
e0223371_18042440.jpg
暇にまかせてこのギターについてiPadで検索をしていた夫。
ほとんど知られていないメーカーなので、そもそも情報自体が少ないのですが、
なんと、元の持ち主と思われる方のブログと遭遇してびっくり!
その方(日本人です)はインドネシアに住んでいた当時、
直接メーカーにオーダーしてこのギターを作ってもらったということで、
その過程でのすったもんだがすべてブログに書いてありました。

ブログに掲載されていたギターの詳細写真と商品番号から、
夫が手に入れたそのものであることが判明。
世界は狭いというか、ネットはすごいというか。。。
ルーツが明らかになるのは多少なりとも感動があるものですね。

***

2月に突入。
バレンタインにちなんで、チョコレート・ジャム・カンパニーのアルバムをディスプレイ。
e0223371_18041394.jpg
営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

皆既月食はご覧になりましたか?
あんなにバカみたいに写真を撮ったのに使えるものが1枚もないなんて。
やっぱり三脚がないとムズカシイのでしょうか~

かぐや姫か尼さんか
e0223371_18040063.jpg

[PR]

by mimi-cafe | 2018-02-01 18:45 | 音楽 | Comments(0)
2018年 01月 17日

ちょっとした季節感

店の厨房は冬でも暑いですし、ましてや晴れた日のお昼はぽっかぽかの店内ですので、
普段は季節感のない薄着になってしまいます。
さすがに半袖はない季節ですが、たぶんお客様の服装とは釣り合いが取れない程度の軽装。
そんな私も今日はあまりの寒さに、途中着替えたほど。
昨夜の天気予報は気温高めと言っていたのですが、
お客様も口をそろえて「今日は寒いですね~」でした。
数字の温度と体感温度はだいぶ違いますね。
風邪をひきませんように。
e0223371_18445583.jpg
***

年末から手持ちのアナログレコードを飾っております。
せっかく持っていてもなかなか聴かないので、せめてジャケットデザインを眺めようというわけです。
今月はこちら。
e0223371_18294129.jpg
モーガナ・キングのEverything must change
この表題曲については以前日記に書いたこともありますが、
いろいろな人がカバーしている名曲です。
今年の年賀状にこのジャケット、使いました。
来月はまた別のレコードを飾る予定(ちょっとした季節感と自己満足)。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

[PR]

by mimi-cafe | 2018-01-17 18:51 | 音楽 | Comments(0)
2018年 01月 14日

待てない人たち

最近イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」についての記事を読んだり、
ラジオで聴いたりする機会が続きまして。。。
ヒットしていた当時小学生か中一くらいだった私はオンタイムでの記憶はありません。

一方大学生だった夫にとってはとても思い出深い曲だとのこと。
近所の布団工場でアルバイトをしていた夏休み。
お昼休みに自宅まで昼食をとりに帰り、
食後のわずかな時間に毎日毎日聴いていたそうです。
だから、夫にとってこの曲は蒸し暑い真夏の昼下がりを思い起こさせるもの。
そうでなくても、気だるい感じの印象的なイントロです。

***

そんな「ホテル・カリフォルニア」のイントロは50秒あるのですが、
最近のポピュラー音楽のイントロはどんどん短くなる傾向にあるとのこと。
イントロ5秒くらいですぐボーカルが入ってくるとか、
イントロを飛ばして聴くという人もいるそうな。

すぐに答えを求める待てない時代の空気は、
若い世代だけではなく年輩者にもあるように感じます。
どちらかというと、じっくりと判断したい(諦めの悪い?)私は、
せかせかと背中を押されているようで居心地が悪いと思うことも。
50秒あるイントロをわくわくと楽しめたころのほうが、
いろんな意味でゆとりがあったのかな。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

スフィンクス風
e0223371_19512942.jpg

[PR]

by mimi-cafe | 2018-01-14 19:55 | 音楽 | Comments(2)
2018年 01月 03日

ピースピースと鳴く鳥

チェロを弾くお客さまのお話を伺っているうちに、
ふと音楽好きの父が持っていたレコードを思い出しまして、
この元旦に身内で集まった際に母から借り受けました。
e0223371_17102645.jpg
伝説のチェロ奏者パブロ・カザルス。
1961年にケネディ大統領の招きによりホワイトハウスで演奏会をした際のライブ録音です。
帯に「追悼」とありますので、カザルスが亡くなった1973年より後に出たもののようです。
カタルーニャ民謡の「鳥の歌」ではカザルスの唸るような声まで聴こえてきます。

以前ブルーノート東京でジョー・サンプルのライブを、
まさにピアノの目の前、かぶりつきで聴いたときに、
演奏中の息遣いや唸り声までもが身近に聴こえて、
その迫力に鳥肌が立つほど感動したことを覚えています。
ライブの醍醐味です。

国連で「私の故郷カタルーニャの鳥はピース、ピース(平和)と鳴くのです」
と演説をしたという平和主義者カザルスの強い思いがこもっている演奏だと知ると、
この唸り声にも特別なものを感じます。

とは言いましても、普段クラシックに馴染みの薄い私たちにとっては、
今のところ少々よそ行きの気分で聴く1枚かもしれません。
もう少し聴きこまないともったいないので、しばらく借りていようと思います。

***

午前中やかんを磨きながら聴いたのはなじみ深いSoul music♪
e0223371_17103423.jpg
考えてみたら、これも70年代。
ちっとも古い感じしませんけど、40年くらい前ですか!!

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

この休みは買い物に行く以外はほぼいっしょだね。
e0223371_17104199.jpg

[PR]

by mimi-cafe | 2018-01-03 17:48 | 音楽 | Comments(0)
2017年 09月 29日

中山うり 10周年祭

e0223371_19090269.jpg
明日で9月もおしまい。
気づけば、うりさんライブまで2週間を切っておりました。
2012年のプライベートライブ(コチラこちら)から始まって、今回で6回目になるうりさんのライブ。
今からこんなことを言うのもなんですが、
アンコールで何を演奏してくれるのかも大きな楽しみ。
「夢を売る男」や「マドロス横丁」だと元気になれますし、
夕焼けとともに聴く「石神井川で会いましょう」はじわっと感動を運んでくれます。
今年はどんなかなぁ……

お席のほうはまだありますが、
残りが少なくなってきております。
お早めに~!→満席になりました。ただいまキャンセル待ちのみ受付中。

***

楽屋係、たのむよ。
「当日になったらやる気出すからzzz」
e0223371_19085286.jpg
おまけ。。。
ミミ姉さんを抱くうりさん
e0223371_2045995.jpg
営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

中山うりLIVE @ ASTERISKお知らせ☆

[PR]

by mimi-cafe | 2017-09-29 19:33 | お知らせ・お願い | Comments(0)
2017年 09月 08日

うりさんライブまであと1ヶ月です♪

e0223371_19472376.jpg
今年でデビュー10周年のうりさん。

あれは10年ほど前だったのでしょうか……
ミュージシャンでもあり美容師でもある女の子に密着するドキュメンタリー番組を見ました。
そのすてきな声とアコーディオンの響き、オリジナリティあふれる音楽がとても印象的。
中山うりさんでした。

それから少し経った頃、自分たちのバンドの練習が都内のスタジオであったのですが、
受付前のロビーにうりさんが!
「あれ、中山うりじゃない?」と夫とふたり、こそこそ言い合っていたのを覚えています。

当時は計画さえなかったこの店を6年前にオープンし、
その翌年にはうりさんの店内ライブが開かれ……
ホントに何が起こるかわからないなぁ、と不思議なご縁に驚くばかり。

そんなわけで、私たちにとっては特別な思いの詰まった毎年のうりさんライブ。
このライブを楽しみにしているリピーターの方々も徐々に増えておりますので、
その分共に味わう感動も何倍にもなっていきます。
今年も多くの方とすばらしい時間を共有できますように。

ご予約受付中です。

***

今年も楽屋係よろしく
e0223371_19471476.jpg

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

中山うりLIVE @ ASTERISKお知らせ☆

[PR]

by mimi-cafe | 2017-09-08 20:24 | お知らせ・お願い | Comments(0)
2017年 07月 26日

Ribbon in the sky

朝のラジオから流れてきたスティーヴィー・ワンダーの「Ribbon in the sky」にうっとりしました。
CD持っているんですが、こうして予期せぬときに耳に飛び込んでくると、
改めていい曲。
空にかかったリボンを想像しながら、今日のような鉛色の空も悪くないなぁと思ったり。。。
日本で言う「赤い糸」をスティーヴィーは「空にかかるリボン」と表現したんですね。
相当にロマンティックな内容で、訳詞を読むとちと恥ずかしいくらい。

当たり前ですが英語ですから、歌詞の内容は意識せずに聴くことができるのは
私にとってはさいわいなこと。
美しいメロディーに癒されました。

***

本棚の上の古いオイルランプ(@utakata)
まだまだしっかりと使えるものですので、いつか火を灯してみたいと思ってます。
e0223371_19261600.jpg
 営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

e0223371_19262565.jpg
右手が生意気でかわええね。


[PR]

by mimi-cafe | 2017-07-26 19:43 | 音楽 | Comments(0)
2017年 07月 23日

これもありなのか……

アートや音楽の世界で何か新しいものを作り出す時は、
それまでに蓄積してきたものを表面化していく作業をするのか、
まったく何もないところからパッとひらめく(降りてくるとか言う人もいますが)のか……
少なくともいいとこ取りみたいなのは違うだろう。。。

なんでこんなことを思ったかと言いますと、
ラジオでかかったイントロを聴いて、ルーサー・ヴァンドロスのNever too muchと思ったら、
変な日本語のラップで、とってもがっくりしたからです。
e0223371_19330194.jpg
この曲のかっこいいリフをただ繰り返している上に、
ラップの歌詞が乗っているというもので、
何の新しさも感じなかった。
こういうのがOKなんだ、とちょっとしたショック。

昔のあの曲に似ているというのは結構あるのですが、
それはそれでそのミュージシャンのカラーになっていれば微笑ましく感じるのです。
きっととっても好きで聴いてきたメロディーが自分の中に蓄積されていて、
自然とにじみ出るんだろうなぁとも思うし。

ルーサーの曲をこんなふうに使ってほしくなかったよ……
いまの音楽業界はこういうのもありなんですな。
などと、ラジオを聴きながら考えました。
「クリエイティブってなんなんだろう」

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

そこにおるの?
e0223371_20532192.jpg
ずっとおるつもり?
e0223371_20533048.jpg


[PR]

by mimi-cafe | 2017-07-23 21:23 | 音楽 | Comments(0)
2017年 06月 22日

アナログの中の松木さん

多くの方にとっては馴染みがないかもしれませんが、
ギタリストの松木恒秀さん逝去のニュースは、
夫のアナログな思い出箱の蓋を開けるきっかけに。
e0223371_19544408.jpg
松木さんがメンバーだったThe Playersのレコード。
そして、初期の山下達郎と言えば松木さんのギターだそうです。

1981年に渋谷のパルコpartⅢがオープンした際、
開店時のテーマ曲として毎日のようにかかっていたのが、
このThe Playersの「マダガスカル・レディー」という曲だそうで、
とっても思い出深いのだとか。

もうひとつ、松木さんのいたバンド、What is Hipのライブ録音テープを探し始めて、
このような状況に。
e0223371_19545924.jpg
こんなにカセットテープがあるなんて、どこまでアナログなんでしょう。
今時こんなものを持っていてもどうなのよ……
ところが、わがやにはあるんですの、カセットテープ用のデッキが。
e0223371_19545375.jpg
いったん手放したのですが、実は結構貴重な音源がカセットテープで残っていることに気付き、
あとからリサイクルショップで見つけて購入。

お目当てのテープはまだ見つかりませんが、
見つけたらきっと聴くのだろうと思います。

ちなみに、私の車(ミニカタウンビー)はカセットデッキしかついていません。
ドライブ時はラジオを聴いていますが、今の時代としては希少かも。

話は飛びに飛びましたが、
レコードしか持っていないということは、
夫の中ではアナログな思い出の中に留まっていた音楽なのでしょう。
それでも、音楽から呼び覚まされる記憶はたくさんありますね。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

朝日を浴びながら、お隣の様子をチェック。
e0223371_19553806.jpg
そして、久しぶりのこのポーズ
e0223371_19553194.jpg


[PR]

by mimi-cafe | 2017-06-22 20:34 | 音楽 | Comments(0)