アスタリスク日記

asteriskc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本棚( 111 )


2017年 09月 04日

ワイエスの新しい本

1年は早いものです。
夫の実家の法事で千葉に行った帰りに立ち寄った本屋さんで、
ワイエスの作品集を見つけました。
e0223371_18581716.jpg
9月1日に出たばかりのもの。
初めて見る作品も掲載されていて、
今さらながら新しいワイエスを体験できました。

***

絵などのアート作品は、完全に雰囲気だけで見ている私。
自分なりの芸術論も持たないし、そもそも大した知識も経験もありませんし。

考えがまとまらないときや、心がざわつくような時、
なんとなく鬱うつするとき……
静かにボーっと眺めていられる本が、私にとっては一番の癒し。
インテリア雑誌でも画集でもいいのです。
刺激も理屈も要りません。
頭を空っぽにして、好きな世界観をただ見ていると、
ごちゃごちゃしたものがすっきりと並べられて、心が軽くなるような……
気のせいかもしれませんが、そんなふうに感じています。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

中山うりLIVE @ ASTERISKお知らせ☆

***こつぶろぐ***

長めのお留守番だったね。
「ひとりは飽き飽き」
e0223371_18580555.jpg

[PR]

by mimi-cafe | 2017-09-04 19:26 | 本棚 | Comments(0)
2017年 07月 24日

ディープな世界

青山アンデルセンが閉店というニュース。
2020開発の名の下に、貴重な建築物や趣きのある景色が消えていってしまって、
とてもさびしくて残念。
私が生まれた1964年(前回の東京オリンピック)当時も、
同じような寂しさを感じた人がいたんだろうなぁと、
今さらながら思いを馳せています。

一方そんな開発の波もものともせず、
しっかりと根っこをはやしてがんばっている小さなお店もたくさんあります。
そんなお店が載っているこちらの本。
e0223371_19032932.jpg
雑誌に連載されていた記事をまとめたもので、
菊池亜希子さんのかわいいイラストとともにディープなディープな喫茶店の世界が楽しめます。
あまりにディープすぎて、足を踏み込むのはなかなか勇気のいるお店もあるかも。
名前は知っていても行ったことのあるお店は少ないのですが、
個人的には青山の蔦珈琲店が好きです。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

スケール大好き
e0223371_19033718.jpg
計測のためにスケールをチャーっと引き出すと、
どこにいてもすっ飛んで来る
e0223371_19034685.jpg

[PR]

by mimi-cafe | 2017-07-24 19:35 | 本棚 | Comments(0)
2017年 07月 03日

憧れだった階段の上

ファーマーズテーブルの石川博子さんの本。
e0223371_18452226.jpg
1週間ほど前に本屋さんで見かけて、パラパラめくっていたのですが、
この↓ページの写真がとにかく懐かしくて、即購入。
e0223371_18452949.jpg
お店が表参道の同潤会アパートにあった当時の写真。
懐古趣味はあまり好きじゃないんですが、
なぜかここら辺の思い出だけは涙が出るほどグッとくるのです。

以前も少し書きましたが、二十歳そこそこだった私には眩しかった同潤会の窓からの灯り。
何度も見上げたのに、お店に入ったかどうかの記憶がありません。
同潤会アパートが取り壊されて移転した先の、
原宿キャットストリート、そして現在の恵比寿に行ったのはしっかりと覚えているんですが。
階段下にある看板と階上の窓から窺うことができる、すてきな雰囲気だけの思い出なのです。
不思議なもんです。

石川博子さんは断捨離とかミニマリストとは無縁の方。
それと、ブランドや流行りも好きなものの基準にはならないようです。
ただただ大好きなものに囲まれて暮らしていらっしゃるのが、
なんだかかっこいいなぁと思っています。

***

そうは言っても、モノや情報量が多いと混乱するたちの私は、
ある程度の整理整頓は必要。
というわけで、片づけの続き。

やる気満々のこつぶといっしょにがんばりました。
e0223371_18454043.jpg
e0223371_18455171.jpg
それにしても、一番厄介なのは紙ごみですね。
疲れました。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

[PR]

by mimi-cafe | 2017-07-03 19:09 | 本棚 | Comments(0)
2017年 06月 07日

フレッシュじゃなくてすみません

休日のたびに本屋さんに行って、グルグルと店内を回り、
パラパラといろんな本を見るのですが、
買うのを躊躇することが増えました。
好きだったのにリニューアルして距離ができてしまった雑誌もあったり。
無駄遣いしないという点ではいいことですが、
アスタリスク本棚がフレッシュじゃなくていかんなぁと思っています。

そんなことを言いながらなんですが、1990年刊のこちらの本(地味です)。
e0223371_20021212.jpg
先日お亡くなりになった法隆寺の高田良信さん著「私の法隆寺案内」。
この出版社に入ったばかりのころ、アルバイトでどこの馬の骨かもわからない若輩者の私に、
仕事を手伝わせてくださった編集者Kさんのことを思い出す1冊。
このあとKさんの補助としてたくさんの貴重な体験をさせていただくきっかけだったと記憶しています。

お恥ずかしいことに本の内容は覚えていないのですが、
引っ張り出して埃を払って、店内の本棚に置いてみます。
興味のある、奇特な方がいらっしゃいましたら、是非。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

びびりんのくせに階段を降りたがる。
「こっち来れば~」
e0223371_20015763.jpg
一昨日は、店の北側のガラス戸から外を眺めていたのに、
気付かなかった夫が電気を消してドアを閉めて2階に上がっちゃったんだよね。
そういう時も、一言も鳴いたり叫んだりしないこつぶ。
e0223371_20015286.jpg


[PR]

by mimi-cafe | 2017-06-07 20:27 | 本棚 | Comments(0)
2017年 05月 01日

「居住空間学2017」

また今年も出ました!
e0223371_17594630.jpg
スターネット(益子)の星恵美子さんが住む、
元・居酒屋の建物をリノベーションしたカッコいいお宅が載っていた2009年版から毎年。
(ちなみに一番最初は2008年版だそうです)
建物やインテリアなど住まいにも流行がありますので、その変遷も垣間見られつつ、
このシリーズはおままごとチックではない「暮らし」が感じられるところが楽しいのです。
そして、つくづく住まいには個性が表れますね。

観音扉の本棚にありますので、よろしければ。

明日も定休日。
連休中も通常の営業日程です。

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

レース越しのこつぶ姫
e0223371_17593991.jpg
相変わらず眼力強し
e0223371_17592543.jpg


[PR]

by mimi-cafe | 2017-05-01 18:23 | 本棚 | Comments(0)
2017年 03月 29日

d的視点<埼玉>

D&DEPARTMENT PROJECTのナガオカケンメイさんが編集・発行している

d design travel

埼玉編が出ています!
e0223371_18492581.jpg
いつものとおり、d的視点でセレクトされた埼玉のあれこれがギュッと詰まった1冊。
まさに「デザインの目線」を持った観光ガイドですね。
冒頭に「編集の考え方」と「取材対象選定の考え方」が書かれていますが、
この趣旨にのっとった納得の内容だなぁと思います。
単なるガイドブックではなくて、読み物としても十分楽しめそう。
過去に日記でもご紹介してきました、
川口のsenkiya、入間ジョンソンタウンのguzuri、飯能のそば舎あお、日高の日月堂なども
顔をそろえていますが、こちらもdならではの紹介内容になっています。

他の県のシリーズもありますので、併せてぜひ!

♪ LIVE @ ASTERISK from Okinawa ♪ 詳細☆

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

今朝のおはようさん
e0223371_18493510.jpg
k的視点?
e0223371_18495657.jpg



[PR]

by mimi-cafe | 2017-03-29 19:08 | 本棚 | Comments(0)
2017年 03月 13日

私だけじゃなかった

学生のころのアルバイト先では、
何時に出勤しても挨拶はみんな「おはようございます」と言っていました。
それが私にはどうも気恥かしいというか、うまく言えなくて、
午後になって出勤したときは自分だけ「こんにちは」。
流行り言葉や、周りの人が使っている業界用語などを
どうしてか違和感なくすんなり使える人間にはなれませんでした。
「へそ曲がり」「非社交的」「順応性がない」など、自分の中のマイナス点に感じてきたのですが。。。

ですから、本屋さんでこの本を見つけたときには
「おんなじような人がいる!」と笑ってしまいました。
e0223371_18593506.jpg
自虐的な部分もありながらクスッと笑ってしまうような
ユーモアのある文章とイラストで、
みんなが普通に使っているのに自分にはうまく発することのできない表現を
多々取り上げています。
「おひや」「チャリ」「おあいそ」……
これは私は違和感を感じないぞ、というものもありますが、
共感することもいっぱい。

こうやっていちいち引っかかって、いったん自分の中のフィルターを通すと、
地に足のついた言葉で話せるようになりそうな気がします。
めんどくさい人かもしれないけれど。

♪ LIVE @ ASTERISK from Okinawa ♪ 詳細☆

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

今日はたくさん片づけを手伝ってくれたね
e0223371_18592799.jpg

[PR]

by mimi-cafe | 2017-03-13 19:29 | 本棚 | Comments(0)
2017年 02月 20日

取捨選択に悩む

新しく2冊の本が加わったのですが、
本棚がギュッとしてきたので少し間引かなければなりません。
その取捨選択にいつも悩みます。
「この本は長いこと置いているけれど、いまだに手に取る人が多いし……」
「あんまり見ている人はいないのだけれど、結構おススメなんだよなぁ」
「これは装丁がきれいだから置いておきたいのです」
などあれこれ考えるとなかなか本棚から外せません。
何も断捨離しろと言われているわけではなく、
住まいの本棚に引き上げるだけなのに。
今日も本の取りやすさや並べ方を試行錯誤しながら、
数冊を抜き取り、新しい顔を並べました。
e0223371_16570882.jpg
SWITCH最新号「特集 ほぼ糸井重里」、面白そうです。

午前中のほうがお天気が穏やかな日が多いような気がして、
このところ外出を早い時間に済ませるようになりました。
あとの時間がゆったりしていいものです。
e0223371_16571854.jpg
LIVE @ ASTERISK 詳細☆

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

[PR]

by mimi-cafe | 2017-02-20 17:15 | 本棚 | Comments(0)
2017年 02月 17日

1冊の絵本から

e0223371_20040931.jpg
「パリのおばあさんの物語」(岸惠子訳 千倉書房)

オープン当初から本棚にあるのですが、薄い本ですので目立ちません。
ひっそりと他の本の間に収まっている1冊。
昔ユダヤ人の一家としてフランスに移住してきて、
今は年老いてひとり暮らすおばあさん。
できることが一つひとつ減っていき、時間がかかるようにもなり、
忘れたり捜したり……
それでも、「やりたいこと全部ができないのなら、できることだけでもやっていくことだわ」
というおばあさんの言葉に、この物語の魅力が集約されているような気がします。
絵もすてきです。

ところで、この本を買った8年くらい前、
当時「千倉書房」という出版社を知らなかったので、
興味を持って調べてみたことがあります。
そしてその出版社のHPで「千倉真理さん」の名前を見つけました。
私と同世代の一部の方はご記憶にあるかもしれません。
文化放送で80年代に3年半だけ放送された「ミスDJリクエストパレード」という番組。
女子大生が日替わりでDJを務め、和洋問わずに音楽がたくさんかかっていました。
深夜にラジオをわくわくしながら聴いていた高校生の自分を思い出します。
そのDJを週に一度務めていたのが千倉真理さん。
かわいらしい声が記憶に残っています。
その番組が復活したというニュースを先日の新聞で読みまして、
千倉さんの写真も載っていたので、急にこの絵本のことを書きたくなったというわけです。

1冊の絵本からあちこちに思いが広がりました。

LIVE @ ASTERISK 詳細☆

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

今朝のおはようさん
「星男とこつぶ」
e0223371_20041615.jpg
遊びへの誘い
e0223371_20042243.jpg





[PR]

by mimi-cafe | 2017-02-17 20:41 | 本棚 | Comments(0)
2017年 02月 05日

変わらないものもあるかも

今さらですが、新しいおへそ出ています。
e0223371_20253207.jpg
この中に載っている「北の住まい設計社」。
30年前北海道の廃校になった校舎を利用して工房を作り、
職人さんたちとともに暮らしながら家具作りをしていたご夫妻が建てたお宅。
私の古いファイルに保存している新築当時の記事と並べてみると、
一貫したスタイルが感じられます。
e0223371_20253784.jpg
これは、好きなインテリアやら暮らしまわりの記事をファイリングしていたもので、
20年くらい前の切り抜きも。
自分の好みはだいぶ変わったと思っていたけれど、
改めてページをめくっていると、細かい部分での変化はあれど、
案外基本は変わっていないなぁと思いました。
笑っちゃうくらいに「手作り」「収納・片づけ」「古いもの」に関する記事ばかり。
私たちの好みは節操がないとよく二人で言っているけれど、
なんとなく好きな方向というのは一貫しているのかもしれません。
今見ても参考になることも多くて、取っておいてよかったなぁと思いました。
3冊あるから、他のも見てみよう!!

営業時間やお休みの予定はコチラ☆

店のHPコチラ☆

***こつぶろぐ***

本日のおはようさん
e0223371_20251719.jpg
そして、お昼寝はハミ頬で。
e0223371_20252514.jpg


[PR]

by mimi-cafe | 2017-02-05 20:56 | 本棚 | Comments(0)