アスタリスク日記

asteriskc.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 17日

庭師さんとの会話で

e0223371_2049611.jpg店の正面にある山つつじ。夫によると今朝までは蕾だけだったそう。
私もお客様を見送るたびに目に入っていたのですが、花はまだ咲いていなかったはず。
それが、今日夕方近くにざっと降った雨の後ふと見ると、白い花が開き始めていました。
ついさっき咲いたのかな、という感じ。
ほんとにひと雨ごとに春が加速していきますね。
こんなふうに庭の緑や花のことを日々書いていますが、毎年気候などの条件によって植物の様子が変わるのは当たり前と思っていました。
ところが、先日植木販売のお店で庭師の方とお話ししていたら、「今年は常緑樹の葉っぱが冬に落ちてしまった。気候がおかしい」とか「落葉樹の芽吹きも遅すぎる。異常気象のせいだ」とか「今年はまだこれから雪が降るかもしれない」とか、やたらとマイナス思考。
ニュースなどでも異常気象が叫ばれているし、原発の影響を心配して転居してしまった方も周囲にいらっしゃいます。
もっと深刻に考えなくてはいけないことなのかもしれませんが、今与えられた場所で与えられた生活を淡々と送っていくのもひとつのやり方かなぁなどと思っております。
店はまだスタートしたばかりですしね。
[PR]

by mimi-cafe | 2012-04-17 21:47 | 雑感 | Comments(0)


<< カフェの本      庭で深呼吸 >>